バイク命”呆れたおやぢのブログ

気が向いた時しか更新できませんが宜しくお願い致します 尚、帰宅が遅くなる為返コメが滞る事が多々有ります事をお許し下さい。

カテゴリ: 昔のバイク雑誌より・・

去年の3月から今年の3月まで、地区の班長さん(此方では組長と呼ぶ)でした・・
でした・・ぢゃ(^_^;)未だ早いかな”引継ぎは3月半ばだから、後、半月の我慢だね”
今日もこれから組長会議で18:00~会議です”一年間ご苦労様と言う事で・・
些少では有りますが、お手当が貰える酔うです”(喜)( ^^) _旦~~
しかし今日は良い天気でしたねぇ~bike乗るには絶好の陽気ぢゃなかったんぢゃ?
我W君・・去年の年末に車検後の試運転やってから、一度も乗ってないやぁ~
バッテリー。。大丈夫かな(;゚Д゚)・・今日は娘の車の点検が11:00~からだったので・・
えらい”中途半端!!午後からちっとんべ~乗ろうと思ったが・・
風が出て来たので断念・・初乗りは何時になるんだぁ~~~~~~っ!
仕事の方も相変わらず忙しいし・・来月も休日出勤”有る鴨ねぇ~
幾ら稼いでも、我懐に入るモノは変らずだもんなぁ~モチベーションも上がらないやぁ

いやはや(;´∀`)・・今年から・・愚痴ってばかりだなっ!!
しかし・・・今年は役逃れ!ハジケルぞぉ~~~~~

13日辺り・・何処か俳諧しようかな~~
何時もなら2月って言えば、早くも乗ってるんだよね”
去年は、指の怪我で出遅れたがね”
その為には、体調管理とテストコースで練習走行!って・・無理やりこじつけます”(笑)
そんな訳で・・昔のテストコースの模様なんかUPしちゃいます”

イメージ 1

荒川のテストコースって・・未だ、その名残が有るのでしょうか?
この辺は・・上尾の〇山さんが詳しいかな・・?
1963年当時って・・未だ・・鈴鹿が出来て無かったのか・・・
マシンは・・RCのプロトマシンかな?CR93にも似てるが・・

イメージ 2

いや・・乾式クラッチだから・・やっぱし・・工場レーサーだよね”

イメージ 3

何かの本で見た事が有りますが・・荒川のテストコースって・・直線番長で・・
コーナーは余り無かったとか?

イメージ 4

此方は、YAMAHAの天竜川のテストコース・・MXは知ってたが・・
ロードのテストもやってたんだね”

イメージ 5
此方も同じく、遠州は静岡の米津浜のテストコース・・
市販レーサーって??

イメージ 6
これ?こんな市販レーサーって有ったの?
???マークばかりなのは・・ワタシは未だ5歳の頃の話だから^^(自爆”)

それぢゃ~会議に行って来ますね”~

ワタシ・・・事”梅雨時は常に鬱状態です((+_+))・・・・・
なので・・今月の更新は・・これで二回目かな?既に酔っ払いだから・・・
そんな事ぁ~どうでも良いけどね”
仕事も”超忙しいぃ~~~”って話だったけど・・煎じ詰めて見れば中身は(;゚Д゚)
結局・・納期は有って無いような・・お化け仕事が混ざって居まして・・
まぁ~工程は、ずれずれに!!営業さん・・何だかなぁ~~~
おっと・・・これ以上ワタシに喋らすと・・愚痴のオンパレードになりまっせぇ~~

気を取り直して・・・
最近・・誰かさんのお蔭で(笑)OFFに目覚めた!!
トライアルもEけど・・昔のOFF車で・・颯爽と走りたいモノ”
例えばこんな単車・・・

イメージ 1

ナベちゃん!此のマシン”知ってるかな?ビッグホーンって言うんだゼィ!

イメージ 2

これは・・250のバイソン!迫力在るだんべぇ~~~
ロータリーバルヴだった気がするが・・・
厨房時代は・・このバイソンのMX仕様が川原で闊歩してたんだぞ!!

イメージ 3

そんで・・ワタシが・・・厨房の時に友人に借りて乗ったのが・・トレールボス”
これがねぇ~・・すこぶる調子が良くてね”取り回しは楽だし”

イメージ 4

ハスラー90”も又然り”アップマフリャ~が泣かせます!
出来るなら・・1970年代に、タイムマシンで戻りたい!!
最近のマシンには全く興味が無い・・おやぢの戯言ですた^^

と或る情報筋に寄れば・・あの!伝説なロードレーサー『金谷秀夫氏』が急逝したとか・・
1960年代~70年代のバイク雑誌の読者であれば・・必ず知ってる”BIGネーム”
神戸生まれの金谷選手は・・米屋でアルバイトしてたそうな・・神戸、木の実レーシング
後に4輪レースに移行した片山義美氏にその才能を見出され、バイクの世界へ”
 
イメージ 1
 
事”ロードレースに関しては・・ワタシ・・ずぶの素人です!ですから・・彼に関して語るには余りにも、おこがましいので有りますが・・
ワタシの青春時代のヒーローが逝って仕舞ったって事は・・
何とも淋しい限りであります”
 
イメージ 2
 
画像はKAWASAKI時代のものかと・・・
やがて、野口種治氏の口利きでYAMAHA入り、かの高井幾次郎しと切磋琢磨し
YAMAHA黄金時代を築いたのであった・・
 
イメージ 3
 
1982年10月10日・・菅生で行われたTBCビッグロードレースを最後に引退”
日本の金谷から世界の金谷と言われた・・
1972年・・ヨーロッパ遠征で初の世界参戦にも関わらず初戦西ドイツで
250ccクラス優勝を遂げたのであった・・
 
イメージ 4
 
人懐こい風貌に、厨学校時代は・・本当に憧れた・・・
 
イメージ 5
 
 
きっと・・天国のサーキットでも活躍してる事でしょう^^
現役時代の姿は拝見しませんでしたが・・
何れワタシも天国へ・・その勇士を拝見しとう御座います”合掌

大型台風18号が吹き荒れて居る群馬県です”先程、外に出て見ましたが
風で吹き飛ばされそうになりました”県内でもみどり市に被害が有ったとか?
はたまた、県内全域では停電になってる場所が数か所”発生している様です”
報道に寄れば、やじさん、Betaさん方面でも突風で被害が出ているようです・・
安否は確認できていませんが、無事を祈って居ます
って・・あれ?やじさんは・・って言ってたかな?恐らく今が一番のピークなのかと”
 
こんな天気に仕事ぢゃなくて良かったぁ~~~
そんなんで・・ネタも無いので・・昔の本を引っ張り出して見ましたがなっ”
 
イメージ 1
 
カッケェ~・・って40年前は、そんな事思わなかったのに”
今、こうして改めて観れば・・ホスィ~~~っ””
ウルフ”って言う名前・・千代の富士ぢゃ無いよ
90ccと125ccのラインナップだった!
 
イメージ 2
 
初代GT750"ワイルドセブンが乗って居たんだよねぇ~~~
って・・ボケボケぢゃん”
 
イメージ 5
 
1970年代のTVは齧り付きで観たものだよ!!
此方もそうさっ!!
 
イメージ 3
 
あはは^^ハイナさんのお株を奪っちゃったかなぁ~
変身する前の、ジロー君”イイネ””
んで・・此のマシン・・<みかも>で観たっけ??
 
イメージ 4
 
変身しちゃったね”
ワタシは密かに・・パッセンジャーになった事が有るんだぃ”(威張り”)
 
イメージ 6
 
おまけです!
 
日本とは環境が違い過ぎたよぉ~~当時はね”
 
 

1975年9月9日フランス"ルマンのブガッティーサーキットでは
ボルドール24時間耐久レースを間近に控えて
参加ティームのテストランが繰り返されて居た、大レース前の緊張感が
サーキット全体に張り詰める中、隅谷守男の駆るCB500改は午後の練習走行へ
と・・・・ピットロードを加速して行った・・
ファーストラプ、各部のチェックの為にペースを落として居たとは言え、聴き馴れた
CBエキゾーストノートは快調にブガッティーサーキットに響き渡って居た・・
セカンドラップ、隅谷はCBのペースを上げた”排気音は更にトーンが上がりCBは
矢の様にピット前を駆け抜けて行った・・テストランは順調の様で有ったが・・・
事故は余りにも突然に、隅谷に襲い掛かった・・一瞬の出来事だった・・
 
此処からは・・Nさんから聴いた話です・・
事故そのものは、凄まじいものが有ったが・・横たわる隅谷選手には・・
外傷はそんなに目立たなかった・・がしかし・・・
大腿骨が折れて心臓に突き刺さっていたと言う・・
 
イメージ 1
 
かつては【静かなる男】と言われ続けてきた隅谷、愚直な性格がそのままに・・・
 
無口で体格のいい隅谷が懸命に練習に取り組む姿は先輩達のサディスティックな
悪戯心の標的になる事も多かった・・
ある夏の日、隅谷は何時もの様に押し掛けの練習をしていた・・
それを見ていた先輩がキャブレターのファンネルにキャップをしたマシンを隅谷に与えた
キャブを塞がれたエンジン掛かる筈が無い、隅谷はそんなマシンを押し続けた・・
真夏の炎天下である・・それでも隅谷は音を上げなかったと言う・・
ヘドを吐くまで頑張り通したのだ”
 
イメージ 2
 
隅谷選手は・・ロードに入る前には・・MXに身を置いて居た・・
これは、その当時の貴重な画像です・・Nさん曰く・・当時は大会場で隅谷選手と
MX会場で良く一緒になった事が有ったのだとか・・
氏曰く・・兎に角隅谷選手は、早かったそうです^^
 
イメージ 3
 
群馬県は伊勢崎市(旧境町)の出身”かつてはワタシの住んでる場所・・同じ佐波郡
Nさんが彼の家にお邪魔した時に見つけたタイヤ・・・
 
イメージ 4
 
イメージ 7
 
↑この減り方は尋常ではありませんっ”
もう少しの所で・・く〇屋さんに処分される所だったったのだとか・・
処分っ!?っと・・とんでもないっ!!奪う様に持って来たと言う・・・
 
イメージ 5
 
ブルーヘルメット時代のワンショット・・隅谷の直ぐ上の御仁は・・神谷忠氏・・
プロを抜いてやるが・・かれの口癖となって居た・・
がしかし・・プロライダーの現実は厳しかった・・何度もプレッシャーの押し潰されそうになった・・そんな隅谷の心の支えとなったのは、神谷が勧めてくれた、【宮本武蔵】と
【巨人の星】だったかも知れない・・
イメージ 6
このヘルメットこそっ”当時のそのままの傷跡だ!
因みに・・後部のサインは・・このゼザインを担当した方が自らサインしたのだとか・・
知る人ぞ知る・・彼は・・アイルトンセナのメットのゼザインも担当した強者だ”
筆者はヘルメットを見るなり・・合掌してからサインをしたのだとか・・
画質を大きくして有りますので・・虫眼鏡で確認してみて下さい^
 
百歩譲って・・ワタシが・・群馬県知事だったならば・・
間違い無く・・隅谷さんの功績に敬意を表して・・県民栄誉賞を捧げたい”
何だか・・大袈裟だが・・果たして・
一体・・県民のライダーで・・隅谷選手の事を知ってるライダーが居るのか・・
甚だ怪しいが・・こんな素晴らしいライダーが群馬・・それも自宅から近くに居たって事は・・自分に取っても誇りである”是非・・こんな素晴らしいライダーの存在を埋もれさせて仕舞うのは悲しい・・・
 

このページのトップヘ