毎年、2月11日は、我地区の年中行事、『すみつけ祭り』です”
早春を祝う、お祭りですが、我町では今日11日は3つのお祭りが開催されました
すみつけ祭り、春鍬祭り、上新田の獅子舞と・・枚挙に暇がありません”
ですので、カメラマンも大忙し
 
我家ってぇ~と・・・此の日は何時も赤飯を炊きます”
今日は、客人も来るので・・三升五合”と多め!蒸篭の蓋が閉まらない^^
薪をくべて、強火で一気に炊き上げます”これは男衆の仕事”
 
イメージ 1
 
待つ事、50分弱”湯気が出たら炊き上がった合図”菜箸で突っついて・・
お手の子で頬張ります”甘くて・・美味しい~~
最後は、ちっとんべ~蒸らしてネ”
その間に魚でも焼きましょ”寒ブリです”
 
イメージ 2
 
七輪の遠火でやんわりと焼くと・・飴色に変身”
 
イメージ 3
 
お祭りなんで・・・此の日は朝から許されます”(自爆”)
 
イメージ 4
 
アヒィ~~(;'∀')アヒィ~~(;´∀`)言いながら寒空の下・・・
この世の幸せ
 
イメージ 5
 
そうこうする間”客人も揃いました”炊き立ての赤飯と婆様特製の汁を”
 
イメージ 6
 
お腹も一杯になったので、早速”会場に行ってみました^^
おぉ~~っと・・国営放送と地元TV局が取材に来てました^^
 
イメージ 7
 
此処はお祭り本部”祭りの部隊は出払って居ましたが、
地元の町議様に捕まって(笑)祭りの由来やら、歴史に付いての講義を受けました^
 
イメージ 8
 
あちゃ~~~お客様も、思いっきり付けられて仕舞いましたがな”
でも・・何だか楽しそうでしょう!?
<ミスター”すみつけ祭り>に捕まっては・・一堪りもありませんっ”
 
イメージ 9
 
此方のご婦人も、墨を付けられてご満悦
 
イメージ 10
 
朝の赤飯を炊いた窯ですが、こうして軒下に置いて・・
これが今では貴重なんです”何せ”これが本物の墨だからです”
墨つけ祭りの『通』はこれを見ると大喜び”これが本来の墨付けさぁ~~!
なんて・・周りの皆に自慢したりしてました^^
 
15日の俳諧~ず新年会、それから翌日の林道ツ~にも参加出来ませんが、
他愛の無い景品を、鉄爺さんに託しましたので・・・
御笑納頂ければ幸いです”
 
追伸”
コメ返しが滞っています・・(-_-;)大変申し訳ありません<m(__)m>
今週も忙しいので・・返信は・・期待しないでネ”(自爆”)
 
寝ます”