イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

1960年後半から1970年代のモトクロスを語るに欠かせない人物・・・
矢島金次郎、鈴木忠男、鈴木秀明、吉村太一・・ご存知無い方も居るだろう・・
小学生高学年時代から中学生の頃モトクロスにモトクロスに目覚め・・
当時は自転車で・・モトクロスごっこをやって居ました・・お陰で・・自転車は3台程潰しました^^
河原で、当時・・ジュニアだった選手のハスラー改から噴出するカストロールの匂いに酔いしれ・・
ブロックパターンの轍に感動した頃を思い出します・・・

この、ヤジキンのライディングフォーム・・忠さんのヘルメット・・懐かしいと思いませんか?!
1971年3月号のMC誌・臨時創刊には、SUZUKIのエースライダー、矢島金次郎とYAMAHAのエースライダー鈴木忠男氏が
其々のマシンを交換し・・各々インプレッションしている記事が有りました。
当時、主流だった4速から・・5速への切り替わりが・・二人の焦点だったみたいですねぇ~(笑)