イメージ 1

このアルバムは1957年3月にマックスローチ・クインテットの一貫として
ロリンズカがWaistへ初めて旅をした時自然の成り行きで作られた。
しばしば、彼はピアノ抜きでレコーディングをしたいと思っていた・・・
piano 抜きのトリオって・・こんなに新鮮だったのか・・改めて感動を覚える

以後ラナーノーツより

マンとブラウンは(シェリーマン、レイブラウン)は昼間はstudioでレコーディングの用が有った為
セッションは午前3時に召集された・・3人はそれ以前には一緒に演奏した事も
レコーディングした事も無かったが、それでもソニーが自分が演奏したいと思う
幾つかの音を出して行くにつれ次第にレイとシェリーはそれをやり遂げるのに
夢中にする様になり3人は完全な一致点に達したのだった”